ブリヂストンサイクル 2017年モデル 通勤通学にちょうど良いクロスバイク TB1入荷しました。

ブリヂストンサイクル 2017年モデルの新商品、通勤通学にちょうど良いクロスバイクのTB1が入荷しました。

「通勤通学にちょうど良い」というのは、適度にクロスバイク、適度に一般車パーツをアッセンブルしているため。
見た目はスポーツ車。でも、スポーツ車ってフレンチバルブの高圧式空気入れだったり、ライトは電池式、鍵はワイヤータイプ。
軽くてスピードを求めるスポーツ走行だったら良いのですが、普段乗りにするにはちょっと不便なところもあります。
そこで、TB1はスポーツタイプのフォルムの中に一般車で使いやすいパーツを盛り込んでいます。

ハブダイナモ式オートライト 英式バルブ


ライトはハブダイナモタイプで電池要らず。勝手に点灯してくれるオートライトのLEDのベッドライト。静かで明るい。
タイヤはスポーツタイプの規格ではなく、一般車と同じ27インチ1 3/8タイプ。普通の自転車と同じように空気が入れられます。

外装7段変速で充分!

フロント3段でリア8段の24段変速タイプのクロスバイクが標準ですが、50km以上のサイクリングやアップダウンの多いので場所を走るのではない、通勤通学での使用でしたらリア変速のみの外装7段変速でも充分。

サークルロックで簡単

鍵はワイヤータイプではなくサークルロックタイプ。持ち運びを考えなくて良いので楽。でも長時間の駐輪の際はで二重ロックは推奨です。

リア ローラーブレーキ採用

スポーツ車と大きく異なるのはリアにローラーブレーキを採用している点。
メンテナンスの回数もスポーツタイプのVブレーキよりも少なく、雨の日に激しくブレーキシューが減ってしまうことも無いです。

通勤通学には必須の充実の装備

ハブダイナモ、サークルロック、ローラーブレーキのほか、スタンド、泥除けも装備。

じゃあ、ハブダイナモやローラーブレーキが装備している方が良いじゃ無いか?って思いますが、TB1の前後輪はナットでの固定タイプ。車輪を外すには、ハブダイナモの配線の取り外し、ローラーブレーキの取り外しなど専門的な知識が必要です。

スポーツタイプのクロスバイクの場合は前後輪を簡単に取り外すことができます。
パンクの際にチューブ交換を自分で出来る方、車輪を外して輪行袋に詰めて電車に乗ったり、車に積み込みたい方には、シルバなどのクロスバイクがオススメです。

TB1はスポーツバイクでちょっと敷居を感じる面倒な部分を適度に省いた、気軽に乗っていただける一台です。。

===================
じてんしゃのサイド商会 鴻巣店
埼玉県鴻巣市加美3-3-29
TEL/FAX 048-596-2974
info@e-saido.com http://e-saido.com
===================