【試乗車】 BURLEYバーレー  チャイルドトレーラー (組み立て編)

子供と一緒にサイクリング!
その夢をかなえるバーレーのチャイルドトレーラーの試乗車が入荷しました。
お子様の安全を徹底的に考えるバーレー。
万が一自転車が転倒しても、チャイルドトレーラー転倒しにくい安全設計。
『現在、市場で販売されている他の多くの子供用トレーラーとは異なり、
バーレーは安全性を確保するため、設計の初期段階より自社で安全性のテストを行っています。
バーレーは最も過酷と考えられる自社製品用テストプログラムを開発しました。
子どもたちのために十分な安全性を確保しています。』

チョットよくわからないメーカーのチャイルドトレーラーも大型スーパー売ってますが
選ぶならお子様の安全性にこだわったバーレーを選びたいところです。

試乗モデルは幼児2人乗りのディーライト。

取り付けしたバイクはGAINTの26インチサイズの
MTB ROCK5000 Sサイズ(適正身長160~175cm)です。

実際に走ってみましたが
とにかく軽くて、抜群の安定感。詳しくはまた後ほど・・・

今年で3歳のうちの息子も大喜びで、なぜか変顔ですw

私を知る方々は、試乗車っていうか
自分が欲しかっただけじゃないか??って
思ってると思いますが・・・ピンポーン!その通りです!

憧れますよね。チャイルドトレーラー。

欲しい欲しいと思いつつ、使ってる方を見るたびに
「当店では取り扱っておりません」と自分に言い聞かせておりましたが
ついに弊店のお取引様がバーレーの正規日本代理店になったということで
これ以上自分に嘘は付けない!

バーレーショップ試乗店ということで堂々と販売&試乗(自家用?)を
させていただくことになりました。

自分が欲しいと思うものを自分のお店でも
販売できるっていうのは嬉しいことですね。

で、走行のインプレッションの前に、、今回はまず組み立てから。

バラバラだとこんな感じ。
車輪やバーも外れて、本体も折りたためます。
工具をほとんど使うことなく組み立てができるので楽ちん。
車に積んで行楽地でサイクリングもいいかも。

車輪の中央を押して簡単に車輪のつけ外しができます。

本体の裏側からフレームを引き上げて
上側のストッパーでロック。

牽引用のアームの取り付けも工具が必要ありません。
アームを本体に差し込んで、

固定ピンと固定リングでロック。


アーム側の安全ストラップのフックを本体に引っ掛けます。

 

自転車の方は
リア側のクイックレバーとフレームの間に
フレックスコネクター(アームと自転車を取り付けする金具)
を挟み込んで固定。

けん引アームとフレックスコネクターは
固定ピンとC型金具で固定。

自転車とけん引アームも安全ストラップを巻いて固定。

これで自転車との取り付けは完了です。

取り付けや仕組みが簡単なので、
それだけにクイックレバーの締め付けやレバー自体の不備がないかの確認、
リングやストラップの固定金具・安全装置を
乗車前や場合によってはサイクリングの休憩中に確認はしたいところです。

やっぱり自転車本体にはスタンドが欲しいですね。
今回は1本のセンタースタンドを取り付けておりますが、
ダブルレッグタイプのスタンドに交換したいと思ってます。

試乗車のディーライトは2人乗りでも幅広タイプ。
乗り心地や走行上の注意点、サイクリングの様子は
また後ほどアップしていきたいと思います。お楽しみに。

 

チャイルドトレーラー バーレー スタートセール

只今バーレーの新規取り扱いを記念しまして
お買得セール中です。(2017年8月31日まで)
一押しモデル ハニー・ビー(二人乗りモデル)は
自転車けん引だけじゃなく、自転車から外してベビーカーにもなる車輪が付属。
定価55990円(税抜き)→割引販売価格は店頭にて


===================
じてんしゃのサイド商会 鴻巣店
埼玉県鴻巣市加美3-3-29
TEL/FAX 048-596-2974
info@e-saido.com http://e-saido.com
===================