2018年モデル GIANT おすすめロードバイク

先日行われましたGIANT2018年モデルの新車発表会で
気になるロードバイクを私の目線でピックアップしてみました。

 

10万円以内のご予算でしたら・・・

自転車通学やのんびりロングライドなど初めて選ぶ一台なら
CONTEND2がおすすめ!


定価80,000円(税抜き) 当店割引販売価格72,000円(税抜き)
新型クラリスを搭載、シフトワイヤーが上位グレードと同じく
バーテープの下の取り回しになったのでハンドル回りがすっきりしました。

 

ご予算が15万円台でご検討でしたら

ちょっと気になるロードディスクをお買い得価格で
CONTEND SL 1DISC
定価160,000円(税抜き) 当店割引販売価格144,000円(税抜き)


雨天時のブレーキの際に雨の影響を受けにくいディスクブレーキを搭載。
軽い力でブレーキを掛けられるのでロングライドにもおススメです。
GIANT独自の油圧ブレーキシステムで扱いやすく、
ググッとお求めやすくなったロングライド系のディスクロードバイクです。

 

やっぱりカーボンフレーム 20万円以内で


「ちょっと長く使えるロードバイクが欲しい」というお客様に
私が必ずおススメしているロードバイクが
こちらのTCR ADVANCED2です。
定価195,000円(税抜き) 当店割引販売価格175,500円(税抜き)
軽量なフルカーボンフレームに
シマノ製コンポーネント105を
ブレーキキャリパーからクランクまでトータル採用。
ロングライドからヒルクライムレースまでオールラウンドに活躍してくれる
はじめての方には安心の一台です。

タイヤはなんとチューブレースレディータイヤ。(シーラント付属)
乗り心地の向上やコーナリングスピードの向上、パンクリスクの低減など
GAINT一押しのチューブレスタイヤをお試しください。

GIANTはチューブレスタイヤやホイールだけじゃなく
チューブレスのメンテナンス用品も発表しました。
これが一番気になるかもしれない
タイヤの外側から貼る修理パッチ。
これがあればチューブレスタイヤを導入しない理由がなくなるかも?!?

チューブレスタイヤにはシーラントが入ってるとはいえ
大きい穴のパンクは塞がりません。
その場合はバルブをはずしてタイヤの中にチューブをいれるのですが
GIANTは外側から簡易補修するパッチを発表しました。
まだ現物を見ていませんが、これはスゴイ。

シーラントを入れるための長い管のついたシリンジは
タイヤの中の残量もチェックできるとのこと。

2017年ではチューブレスタイヤの装着を簡単に行うために
お求めやすい価格のエアタンクも発売しており
チューブレスユーザーをトータルでサポートしてくれるパーツを
発売してくれるのは心強いですね。

 

TCR ADVANCED2をおススメしているものの・・

チョット目移りしてしまう一台が
TEAM SUNWEBカラー特別モデルの
TCR ADVANCED PRO TEAM。

一言でカッゴイイ!
35万円台となりますが、ご予算に余裕があるなら
R8000系の新型アルテグラを搭載、
フルカーボンフレーム、フルカーボンリムのチューブレスホイールの
このスペックでこの価格!とお買い得な一台です。
はじめての方・・・というよりもアルミフレームから
カーボンフレームにお乗り換えの方が多いところかと思いますが
はじめての方でもビビッと来たらご相談ください。
安心のカスタムもご紹介させていただきます。

 

25万円台でエアロロードを

PROPEL ADVANCED1

定価260,000円(税抜き) 当店割引販売価格234,000円(税抜き)

定価22万円で105搭載のアドバンスド2がありますが
+4万円、新型アルテグラ搭載で
上位グレードにも負けないデザインのカッコよさ。

ディスクブレーキのプロペルが話題ですが、
油圧ディスクにDi2はかなりハイエンド。
やっぱりエアロロードが欲しい方に
VブレーキタイプのPROPEL ADVANCED1がおススメです。

PROPEL ADVANCED2


===================
じてんしゃのサイド商会 鴻巣店
埼玉県鴻巣市加美3-3-29
TEL/FAX 048-596-2974
info@e-saido.com http://e-saido.com
===================